長野旅行(3)のつづき・・

まだ帰るには早いから松本に行ってみよう!ということになり、観光マップに載っていた中町通りに行きました。
土蔵造りの綺麗な建物が並んでます。
e0124597_09490590.jpg

中町蔵シック館
e0124597_09375385.jpg

畳の部屋が沢山あり、イベントや展示会などに利用されているようです。
e0124597_09380142.jpg

土間では異国情緒漂う雑貨が並んでました。
e0124597_09380621.jpg

川をはさんで反対側のほうにも人の流れが続いているので行ってみると。
e0124597_09382312.jpg

大きなかえるがお出迎え。
e0124597_09505047.jpg

なわて通りという商店街がありました。
e0124597_09383712.jpg

こちらの通りも観光地化されてます。
e0124597_09384439.jpg

通りから、川に下りる階段。
e0124597_09385149.jpg

なわて通りはカエルの街だそうで、カエルが祀られてます。
e0124597_09390062.jpg

通り沿いにある四柱神社。
e0124597_09390470.jpg

刃物屋さん、古道具屋さん、おせんべいやさん、焼印・はんこやさん、カエルだらけの雑貨店、不思議系雑貨店などなど、バラエティにとんだお店が並んでいます。
e0124597_09391386.jpg

e0124597_09392019.jpg

中町通りとなわて通りには個性的な看板がたくさんありました。
e0124597_09394700.jpg

中町通り・なわて通りと接している大通りを進むと松本城があります。

通り沿いにあった建物。緑がすごい!
e0124597_09440896.jpg

古本屋さん。
e0124597_09441474.jpg

松本城入口。
e0124597_09562490.jpg

黒と赤がかっこいい。
お城のことはよくわからないので遠くから眺めるだけで満足です^^;
e0124597_09474086.jpg

松本城入口の向かいにある民芸店のシャッター。味がある。
e0124597_09474628.jpg

ランプもレトロです。
e0124597_09475237.jpg

松本市は湧き水が有名でいろんなところにあるそうです。
e0124597_09475992.jpg


1泊2日でたっぷり堪能できました♪


長野旅行(1) 上高地・大正池~河童橋編
長野旅行(2) 上高地・河童橋~明神~河童橋編
長野旅行(3) 安曇野編

[PR]
長野旅行(2)のつづき・・

上高地の散策スタートは早朝だったので、のんびり過ごしてもまだ12:00。
それでもバスターミナルに行くと、さわんど駐車場行きのバス停は長い列ができてました。
バスは10~20分おきくらいに来て、3本目のバスに乗れました。
正確に計ってないけど3~40分くらい待った気がします。
バスは座席が埋まった時点で満員とし、立って乗ることはありません。

沢山歩いたので、安曇野に移動して温泉でゆっくり疲れを取った後、ペンションに向かいました。
ラリーグラスという全室6部屋のアットホームな宿です。
宿は詳しいことまで調べず予約したので、夕食メニューなんかも知らないままだったけど、すごく美味しかった~!
かぼちゃのスープも美味しいし、何てことないサラダも美味しい。これは野菜が美味しいんだね!
トマトも甘いし、キャベツも味が濃いし。
スープの後に運ばれてきたのはホクホクの丸ごとのじゃがいも!ホワイトソースと一緒に食べるのですが、このじゃがいもも甘みがあってとっても美味しい~♪
ホクホク具合もばっちり!
じゃがいもの後は信州牛のステーキ。 すんごく柔らかくて、噛むごとにお肉のうまみがジュワっとでてくる(*´-`*)
そのほかにも、お豆腐や漬物やおひたしなど和のものも並びます。

そして安曇野のお水の美味しさにビックリしました!
普段の暮らしでも美味しい水はペットボトルでいろんな種類が売られてますが、お水を飲んでこんなに美味しいと思ったのは初めてでした。
こんなに美味しいものに囲まれてるなんて・・いいな、安曇野。

朝ごはんも、メニュー豊富でとーっても美味しかった~♪
同じ値段で泊まるなら、旅館やホテルよりペンションのほうが好きになりました^^。

朝食後、出発準備をして早々にペンションを出ました。 元気ありあまってますね。

そして向かったのは八面大王足湯。
e0124597_15492664.jpg

八面大王は安曇野に伝わる、8つの顔を持つ伝説上の人物だそうで、喜怒哀楽の表情をしています。
e0124597_15493664.jpg

床には石が敷いてあるので歩いたりしてみるのもオススメ。
お湯の温度は40℃くらいで、体も温まります。
e0124597_15494104.jpg


足湯の後は、穂高駅近くで自転車を借りてサイクリングしました。
駅からすぐ近くの穂高神社。綺麗で立派です。
この奥宮が上高地にあった神社です。
e0124597_15495743.jpg

愛嬌ある表情のお馬さん。
e0124597_15500324.jpg

神社の入口近くにあるお蕎麦屋さん。オサレなにおいがする。
e0124597_15500818.jpg

東光寺
大きな下駄の上で願い事をすると叶うとか・・。
e0124597_15501328.jpg

東光寺の反対側には等々力家。
e0124597_15501880.jpg

田園風景が広がってます。
この日は曇りのち雨の予報なので、空は雲が・・。
それでも、のどかで気持ちがいい♪
e0124597_15502551.jpg

大王わさび農場
とーっても広い。 わさび畑は日よけのため、黒いシートで覆われてます。
e0124597_15503511.jpg

シートの下はこんな感じ。
e0124597_15512155.jpg

クリアボートに乗ってみました。
e0124597_15504278.jpg

安曇野といえばこの水車。
黒澤明監督の映画「夢」で使われたセットです。
画面手前から奥に向けて水車が大きく作られてます。
反対側から撮った時に、遠近法で奥行きが出るようにしたためだそう。
e0124597_15505692.jpg

セットなので、小屋の中は空っぽだそうです。
e0124597_15510120.jpg

水が澄んでるー。
ボートのお姉さん曰く、「今日は少し水が濁ってる」そうです。 これで!?
普段、どんだけ澄んでるんだろ。
e0124597_15510806.jpg

道祖神。
e0124597_15512636.jpg

わさび農場を出て川沿いサイクリング。
走ってるうちに青空になってきました。
e0124597_15513868.jpg

早春賦歌碑。
早春賦と聞いてもどんな歌かわからなかったけど、設置されてるソーラーオルゴールを聞いてみたら知ってるメロディーだった。
e0124597_15513370.jpg

穂高駅で自転車を返却して、おそばを食べに「安曇野 翁」に行ったらお店の外にはすごい人の列が(∂△∂;)
とりあえず名前を書いて待つけど、そうとう待ちそう。

蕎麦屋さんから少し下りたところに広場があったので、車に積んであったバトミントンを持ち出して時間をつぶしてました。
天気がよければ北アルプスが一望できる気持ちのいい場所です。
e0124597_15521456.jpg

1時間半ほど待って、ようやくお蕎麦にありつけました。
喉越しのよい、とっても美味しいおそばでした♪
辛み大根もピリリと辛くていい感じでした^^
e0124597_15515845.jpg

この大きな窓からも、晴れてれば北アルプスが見えます。
せっかく良い席に座れたのにもったいない~<(T◇T)>
e0124597_15520903.jpg


お蕎麦の後は、松本市に向かいました。
つづく・・


長野旅行(1) 上高地・大正池~河童橋編
長野旅行(2) 上高地・河童橋~明神~河童橋編
長野旅行(4) 松本編

[PR]
大正池~河童橋編のつづき・・

梓川左岸道を歩いて河童橋から明神へ向かいます。
歩き始めてすぐにキャンプ場があり、沢山のテントが並んでます。
e0124597_14284705.jpg

左岸道は黒々とした木に濃い緑が生い茂った森の中の道です。
e0124597_14285698.jpg

e0124597_14422939.jpg

e0124597_14423541.jpg

e0124597_14424299.jpg

梓川越しに明神岳が見えます。
e0124597_14425083.jpg

河童橋から45分ほどで明神に到着。
明神からさらに先まで道は続いてますが、今回はここで折り返します。
e0124597_14425725.jpg

明神から明神橋に向かいます。
e0124597_14430256.jpg

明神橋。
人が沢山で、いいアングルで撮れません;;
e0124597_14430682.jpg

橋の向こうに明神岳が間近にせまってます。
e0124597_14431151.jpg

e0124597_14432325.jpg

穂高神社 奥宮。
拝観料300円を払うと、奥にある明神池を見ることができます。
今回は寄らずに先へ進みました。
e0124597_14431716.jpg

右岸道を歩きます。左岸道とはまた違う雰囲気です。
e0124597_14433431.jpg

木道が続いてます。
e0124597_14434018.jpg

e0124597_14434584.jpg

前は人だらけなので、振り返ってパチリ。
e0124597_14434999.jpg

水の音と鳥のさえずりが響いてます。
e0124597_14435358.jpg

e0124597_14435950.jpg

水がほんとに綺麗だ~。
e0124597_14440484.jpg

岳沢湿原と六百山。
ここまで来たら河童橋はもうすぐそこです。
e0124597_14440936.jpg

河童橋を渡り、バスターミナルへ向かう途中からの、穂高連峰。
e0124597_14441407.jpg


上高地は、散策・テント、山小屋泊・登山など、いろんな目的で楽しめる場所でした。
お盆休みということもあってか、人手はものすごく、河童橋周辺は山に来たというより観光地に来ましたという雰囲気ですが、それ以上に上高地の自然は素晴らしかった!!
また行きたいと思える場所です。
そのときは、もう少し奥まで歩いてみたいな~。


長野旅行(1) 上高地・大正池~河童橋編
長野旅行(3) 安曇野編
長野旅行(4) 松本編

[PR]
お盆シーズン真っ只中に長野に行ってきました。
よくパンフレットに載ってる、上高地の河童橋からの素晴らしい景色にまんまと惹かれ、行きたくなったのです。

せっかくの上高地は青空の日に行きたいから、天気が悪ければまたの機会にしようと天気予報とにらめっこ。
いろんな天気予報のサイトを見てましたが、サイトによって曇り時々雨だったり、曇り時々晴れだったり。
結構違うもんなんだね。

出発2日前までは、上高地の天気予報は曇り&雨マークの予報が多かったので、次の機会に・・と思っていたら、前日になって予報がどのサイトも曇り&晴れマークに変わってる!
これは行くしかないでしょ。

でもお盆だから宿はどこも満室なんじゃないか?
じゃらんとかの宿泊予約サイトを見ると、案の定どこも満室。そしてハイシーズン料金で高い。
でも、予約サイトに載ってない宿も沢山あるはず。
宿泊地は安曇野にしようと思っていたので、安曇野市観光協会のサイトに載っていたペンションに電話してみると、1軒目で予約がとれた!
しかもハイシーズン料金もなく均一料金の8000円/1名だった。ラッキー!

というわけで、渋滞を避けるため気合を入れて夜中の0時にお家を出発しました。
夜中だからか、渋滞もなく松本ICまでスムーズにこれました。

上高地は一般車両の乗り入れが禁止で、さわんどバスターミナルで駐車してそこからバスに乗り換えて上高地に行きます。
松本ICからさわんどバスターミナルまでは、山のカーブが続き、トンネルに次ぐトンネルの道です。
夜中で周りの景色が全く見えない中、薄暗いグレーのトンネルを走っては抜け走っては抜けを繰り返すので、未知の世界にワープしてる感覚になりワクワクしてきました。

そして4時前には駐車場に到着。
空気はひんやりして、停まってる車は凍りかかってます。 とっても寒い!!
山用の長袖Tシャツ+半そでTシャツという格好でしたが、その上にフリースを着ました。
それでも寒い。
カナは半そでTシャツ+厚手パーカーの上にレインウエアのジャケットを2枚着たけど、まだ寒いと言ってます。
そんな中オットは半そで。
他に半そでの人は誰もいません(爆)

「寒いでしょ」といっても「寒くない」と言い張り、腕を組んだまま。
いや寒がってるし。

なにはともあれ、少し休んでから準備をして5:30にバスに乗りました。
バスの中は、日帰り観光のカジュアルな格好の人と、蝶ヶ岳や槍ヶ岳などに行く登山スタイルの人が7:3くらい。
山に行く人は日帰りでは無理なので、みんな大きなリュックをしょってます。

大正池~河童橋~明神~河童橋のコースを歩く予定だったので、大正池バス停で降りました
e0124597_16034693.jpg

バス停の脇から下るとすぐに・・
e0124597_16024226.jpg

大正池があります。
e0124597_16024280.jpg

朝もやにつつまれて幻想的。
そして水が綺麗~。
e0124597_16042671.jpg

大正池を左手に、森の中の木道を進みます。
e0124597_16045309.jpg

e0124597_16050041.jpg

ヨツバヒヨドリ
e0124597_16051177.jpg

e0124597_16051759.jpg

田代池
水がクリアで底が綺麗に見えてます。
e0124597_16053777.jpg

田代湿原
e0124597_16054466.jpg

アザミ
e0124597_16055154.jpg

梓川を眺めながら歩きます。
e0124597_16055605.jpg

朝日が射して、葉っぱもエネルギーをいっぱい吸い込んでるみたい。
e0124597_16060163.jpg

e0124597_16060596.jpg

川の中の水草もよーく見えます。
e0124597_16061116.jpg

美しい絵の中に入り込んだみたいな光の柱。
今この時間に、日本のいろんな場所でこんな綺麗な光景が作り出されてるかと思うと、太陽ってすごい!!と感動。
e0124597_16061600.jpg

田代橋・穂高橋を渡り、梓川右岸道を歩きます。
e0124597_16062172.jpg

キオン(黄苑)
e0124597_16062537.jpg

上高地温泉ホテルまで来ました。
上高地にはホテルや山小屋などが沢山あるので、泊まって日中見れない景色を楽しむのもいいかも。
e0124597_16063071.jpg

ホテル敷地内にある足湯。
冷えた体を温めるにはちょっとぬるかった。
e0124597_16063889.jpg

ウエストン碑
日本アルプスの存在を世界に広めた功労者だそうです。
e0124597_16064347.jpg

振り返った景色。焼岳が見えます。
e0124597_16065163.jpg

河童橋近くまで来ました。
左側にはホテルが並び、1Fでは売店やカフェなどがあります。
e0124597_16065535.jpg

河童橋
e0124597_16070036.jpg

河童橋から見た穂高連峰。
e0124597_16070639.jpg

河童橋越しの穂高連峰
e0124597_16071198.jpg


ほとんど寝てないので、ゆっくり休憩してから明神へ向かいました。

つづく・・・

長野旅行(2) 上高地・河童橋~明神~河童橋編
長野旅行(3) 安曇野編
長野旅行(4) 松本編

[PR]
黒部で1泊し、2日目は・・・黒部から家まで5時間かけて帰らないといけないので
のんびり観光してると帰りが大変;

でもそのまま帰るのももったいないので、帰る途中で寄れるところはないかな~と
旅行に行く前に 上信越自動車道沿いの観光地をネットやガイドブックなどで調べてみました。
でもあまり情報が得られず、雰囲気のよさそうな小道の写真と、栗が有名ということだけで小布施にでも寄ってみるか、と軽い気持ちで決めました。

小布施PAのスマートICから高速を出て、車を停めてフツーの通りを少し歩くと、日本のあかり博物館という建物が現れ、裏側から駐車場を抜け表に出ると そこには大勢の観光客に沢山のお土産屋や食事処が(ノ゚ο゚)ノ!!

e0124597_165820.jpg

e0124597_1651629.jpg


思いっきり観光地でした^^;

栗が有名で、栗菓子店や栗おこわが食べられる和食屋なども多く、通りの真ん中には葛飾北斎の美術館・北斎館、そのほか和紙や民芸品や長野でよく見るジャムやソースのビンものを売るお店など、古くて新しい町並みの中にたくさんのお店が並んで、散策にちょうど良い所です。


通りは美しく整備されていて、文化水準が高い町と言われてるように、全体的にセンスが良いー。
美術館も沢山あります。

↓栗の小径
道には栗の木片が敷き詰められています。

e0124597_16271386.jpg

e0124597_16273088.jpg


小道から見えるお家の屋根。 かやぶき屋根が見えます☆

e0124597_16274423.jpg


整備された場所だけでなく、一般のお家もセンスがいい。
高~い天井の立派なおうちでは、半円柱にでっぱった窓から立派な壷や書が飾られているのが見えて、まるで美術館のようでした;;

どこを撮っても絵になる^^

e0124597_1647589.jpg

e0124597_16471399.jpg

e0124597_16472924.jpg

e0124597_1647212.jpg


栗の小径を過ぎ、おぶせミュージアムの裏手あたりにあるお蕎麦屋さん「手打百藝おぶせ」で美味しいおそばをいただきました☆

e0124597_1652612.jpg

↓そばがき
e0124597_16521923.jpg

↓三種そば(左から田舎そば〈外皮のついたまま挽いた黒いそば〉、挽きぐるみ〈外皮を取った実を挽いたそば〉、更科〈そばの実の芯だけを挽いた白いそば〉)
e0124597_16522832.jpg



町には、栗の木とりんごの木が沢山植えられていました。

e0124597_1710496.jpg

e0124597_171121.jpg

りんご畑は、木に赤いりんごが沢山実っているところがとってもかわいかったのにうまく写真が撮れなかった~ToT
[PR]