紅葉ばっかりですが・・

家から見える立派なイチョウの木も紅葉が始まりました。
アートフィルター:「ジオラマ」

e0124597_12135445.jpg
まだ、3分の1くらいの色づきです。

雲がでていたので、「ドラマチックトーン」で撮ってみた。

e0124597_12281742.png
ドラマチックトーンは青空にもくもくの雲とか撮るとかっこよさそう。
彩度の高い色はカラーで低い色は白黒になるのかな?と感じてます。
[PR]
昨日の平林寺でアートフィルター機能を使って撮ってみました。

「ドラマチックトーン」+スターライト効果
木版画のような重みと深みのある雰囲気になりました。

e0124597_16290001.jpg


e0124597_16290500.jpg


「ファンタジックフォーカス」
夢の中のような雰囲気です。

e0124597_16291015.jpg


e0124597_16291407.jpg


e0124597_16291839.jpg


最後は普通に撮った紅葉を・・。

e0124597_16292133.jpg


[PR]
PENの多重露出の機能を使って撮ってみました。

e0124597_12043984.jpg

PENの多重露出は、2回撮影したものを1コマの中に重ね合わせます。

このサルと、

e0124597_12400707.jpg

このぬいぐるみの帽子のキラキラを重ねてます。

e0124597_12411766.jpg
キラキラはピントを大幅に外してドアップで撮ってます。

全体的に明るく、色がとんでファンタジーな感じ。


フォトショップでトーンカーブをいじってみた。

e0124597_13041030.png


[PR]
前の記事で載せたケーキのろうそくの写真は、普通に撮影するとこんな感じ。

e0124597_15184990.jpg

ですが、PENのアートフィルター機能を使って「ポップアート」で撮ったのがコレです。

e0124597_15202753.jpg

カラフルさがより強調されて漫画のように元気になりました。


そして、リンゴのジュレがとても綺麗だったのでキラキラに撮ってみました。

e0124597_15234420.jpg

「ファンタジックフォーカス」にスターライト効果をプラスして撮影したものです。
ファンタジックフォーカスは白い光に包まれたような感じに写ります。
そしてスターライト効果は明るい部分がキラリンとなります。



キラリンで思い出した。

夜、車の中で飼い猫アスカをケータイでライトを照らして写真撮ったら、
目の奥の何かに反射して目が光ったようになりました。

e0124597_15503628.jpg

別の一枚ではビーム出すぎで頭が隠れてます。

e0124597_15554524.jpg

[PR]
なんとなくウチの猫・アスカを撮ってみました。
携帯でもカメラでも、写真を撮ろうとレンズを向けると何かを察知するのか、逃げるアスカ。


↓追いかけまわされてあきらめた。
e0124597_21174459.png
ずいぶんあごがたるんでるなー。

PENにはアートフィルターという機能がついていて、ポップな感じや柔らかい光に包まれたような感じなど、いろんな雰囲気に加工してくれます。

これは「トイフォト」というアートフィルターにフレームをつけたもの
e0124597_21160352.png
トイフォトは名前のとおり、トイカメラで撮ったようにコントラスト強めで四辺が暗くなってます。
フレームはあり・なしが選択できます。
[PR]
山歩きに行くのに、持ち歩きしやすいカメラが欲しいなーとネットを見てたら、AMAZONでオリンパス の PEN E-P3が72%オフというのを発見。
PEN E-P5という最新機種が発売されて一つ前の型である E-P3( E-P4はないみたい)が値下がりしてるみたい。
それにしても7割も下がるなんて、下がりすぎじゃない?カメラの値段って不思議。

ミラーレス一眼は高いって思ってたから買うつもりなかったけど、一気に欲しいモードになってしまい、それから数日、寝ても覚めてもPENのことが頭から離れなくなり;;
悩んだ末に買ってしまいましたー。

e0124597_23163593.jpg


軽くて小さいコンパクトカメラと比べると、持ち歩きやすさには欠けてしまうけど、
かわいい見た目で愛着わいちゃってるし、
綺麗な景色が撮れる・・・かな!?
腕を磨かねば。

練習の一枚。 ちょっとボカしすぎ。
e0124597_23161685.jpg
[PR]